遺伝子

遺伝子において

依然分析されていない部分ではありますが、遺伝子が肥満の原因となっているんではないかと推定されています。

 

それは、個人差があるとは言え、好きなだけ食べても全く太らない方も存在するのです。また、それとは反対に痩身を続けても痩せがたい方も居ます。

 

痩せ辛い遺伝子というものが有り、邦人では約2割がこういう遺伝子を持っていると考えられています。

 

様々なケースがあり、会得欠損による吸収しづらい体質の場合、健康に吸収されずに排出される手間の割合が多く、太りにくいという方もいます。
様々な状況が考えられますが、依然として捜索中で分析されていません。

 

ゼニカルメインへ